<< はぐれ雲太郎 (イッちゃんの仲間募集) | main | ろく (イッちゃんの仲間募集) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
[昔話] 水車
大崎2丁目 清水澤子さん

 昭和10年、千葉から大崎にお嫁に来ました。
 私の家は「清水粉砕所」、機械で粉を作るのが仕事です。レコードの原料や、ベントナイト(粘土の一種)等、いろんな物を扱っていました。工場には若い人も働いていて、大所帯。食事は大勢の分を作りますが、肉屋や漬け物屋など、ふだんの買い物は百反通りで済むので、助かりました。
 うちが工場になったのは、大正4年。電力を使い始めてからですが、その前は水車小屋だったそうです。
 川幅2.7メートル、品川用水の豊かな流れが水車を回し、米を搗くのです。臼は大きな石、それを動かす機械は主人の設計です。米は近所のお百姓さんが持ってきたもので、うちで精米していくのです。
 水車には、いろんな仕事があります。川の管理もそのひとつ。川が順調に流れるように、川の段差にひっかかったゴミを取ったり、川底をさらったりします。この仕事は、のどかそうに見えますが、破傷風という怖い病気と隣あわせ、とても危険なのです。工場にとって、この管理料は年に20円の収入になります。でも用水の使用料を20円払いますので、結局、収支は0です。
ところで、品川用水は上流で多摩川につながっているのではないかと思うのです。というのは工場のいたずら好ききの若い衆が、付近の畑から盗んだスイカを多摩川に投げ込んだら、うちの水車のところに流れついたと言っていましたから。でも、これ、冗談かな?
 それから、あわやさんの裏のお稲荷さんにお参りしたら、石段の石を横から眺めてみてくださいね。じつは、この石、うちの水車の石臼だったんです。長いあいだ工場で働いてくれましたが、今は静かに神様にお仕えしているんですよ。

(取材 青木・澤田)

※品川用水は百反通りの片側(城南信用金庫や消防署の側)を流れていました。

-----------------------

『しながわ夢さん橋2007』と同時開催された「大崎今昔写真展」で展示された大崎周辺の昔話を、写真展の実行委員会並びにしながわ観光協会さんのご厚意により転載させていただきます。大崎第二地域センターが発行している「ふれあい」に掲載されたインタビュー記事を元に構成しました。また、品川区のホームページ内にある「しながわWEB写真館」では、昔の写真を見ることができます。ぜひ昔話とあわせてご覧下さい。

また、『大崎一番ブログ』では、大崎周辺の昔話を募集しています。ぜひコメント欄・またはメールにて教えてください。紹介させていただきます。
メールはこちらまで  
| 大崎周辺の昔話 | 11:31 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 11:31 | - | - |









■カテゴリー
qrcode

携帯電話にアドレスを送信

■コメント
+OTHER
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>